ビジネスにも役立つ占いの知識や活用術

占いの歴史や種類、ビジネス活用を考える

古代の占いの存在

辞書によると、占いとは「うらなうこと。人の運勢、物事の吉凶、将来の成り行きを判断・予言すること」と載っています。
そのとおり、人はいつでも、自分が幸せに生活できるかどうか、物事や将来がうまくいくかどうかを常に気にしている生き物です。
特に古代は、科学技術が発達した現代とは違い、人間の周りには、制御できない様々な不確定要素が満ち溢れていました。
農作物の出来、戦の勝敗、子供の出産や病気の治癒などなど、現代では科学によって相当の確率で先々のことが決められるようになっていますが、古代ではその判断を「占い」によって行っていました。
古代の国家には「祈祷師」と呼ばれるポジションがあり、そこで行われる占いやまじないの結果で、国家の方針を決めるということが広く行われていました。

占いは今でも残る

星の満ち欠けによる占い「占星術」は古来より行われていて、今でもニュース番組や雑誌のコーナーで存在しています。
姓名判断は、子供に名前を付ける際によく用いられますし、手相占いも街角で見かけますね。
風水は部屋のインテリアを考える際に引用されることが今でも多く、おみくじはお正月の初詣の定番と言えますね。
タロット占いも有名な占いのひとつですし、例えばイスラム圏では、コーヒー占いが行われている地域もあります。
占いは科学と無縁ではなく、占いをより極めようとした人の中には、統計学や自然科学に精通した人もおり、双方が混在した時代を経て、科学と非科学に完全に分かれた今でも、占いは占いの魅力が、科学には科学の有用性が認められ、今でも人にとっては身近な存在であると言えるでしょう。


この記事をシェアする