ビジネスにも活かせる占いのテクニックや知識

ビジネスにも役立つ占いの知識や活用術

占いの歴史や種類、ビジネス活用を考える

最初のこの1ページ目では、占いと人類の古くからの歴史を紐解き、どのような歩みを見せてきたのか、人類の歴史にどのような影響を与えてきたのか、そういった、過去の例を探っていくことで、占いがヒトの歴史に与えた大きな影響について、振り返りつつ考えていってみたいと思います。

占いの種類について知ろう

2番目のこのページにおいては、古来より多数存在する占いの種類について、西洋、東洋問わず、サイトのスペースが許す限り、できるだけ紹介していきたいと思います。 皆さんがよく知っている占いや、「え、こんな占いがあるの!?」と思うかもしれないような世界の占いまで、さまざまに紹介していきたいと思います。

占いとビジネスを考えてみよう

最後のこの3ページ目では、いよいよこのサイトの本題である、「占いとビジネスの相互関係や活用例」を考えていくことにしましょう。 占いは結果そのものだけでなく、占いがヒトに与えるさまざまな影響を踏まえて、それをビジネスとして応用することもできるのだということを、考えていただくきっかけになれればと思います。

ヒトと占いの歴史

このサイトでは、占いとビジネスの関係を考え、そして、双方にとって良い影響をもたらし合えるような関係とはどういったものなのかについて、占いと人類の歴史や、占いの各種紹介を交えつつ、考えていくことを目的としています。
「占い」とは、星の満ち欠けや自然の移り変わり、あるいは札やカードの結果などを通して、その人や社会の運勢やより良い生き方などを導き出していこうとする行いのことです。
科学技術によって地球の自然現象が明らかにされていく中世以前の人間社会では、占いというものが社会の方向性を決めていく上で、非常に重要な位置を占めていました。
特に1ページ目で詳細に解説していきますが、皆さんも「陰陽師、安部清明」や「邪馬台国の女王、卑弥呼」などは歴史の授業やテレビの歴史番組などで聞いたことがあるかと思います。
彼らは、種類は異なるものの、占いを通してその時代ごとの政権や権力における中枢ないし重要な地位を与えられていました。
今でこそ占いは「ニュース番組の1コーナー、あるいは雑誌の巻末に載っている」くらいのポジションですが、占いがその国の政治方針を決めてしまう時代があったということですね。
今でも年末年始にはおみくじを引いたり、さまざまな運試しや占いが盛んに行われているだけあって、皆さんの占いへの関心は衰えていないといえますが、それを「ビジネス」に結び付けて、より良い結果に導いていけないかと考えていくのが、このサイトの目的なのです。